忍者ブログ
京都在住。スイング系バップ的ギター弾きの日々の雑記。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いつも、ご覧頂きありがとうございます。
申し訳ありませんが、当ブログ「ギター弾きの故意」は
「ギター弾きの哲学」と名前を変え、アドレスも変更になり、移転することになりました。

現在移行作業中のため、書き込み中の「ギターコード概論」は
少し前のものから随時更新していく形となります。
勝手ながら、新しいブログの方も、どうぞよろしくお願いいたします。

尚、このブログは閉鎖せず、存続する予定です。

あたらしいブログはコチラ↓↓
ギター弾きの哲学
PR
ブルースって渋くてカッコいいですよね。でも、どうしてカッコいいんだろうか?
ブルースってのはもともと、アフリカなんかに住んでいた黒人さん達がアメリカ人に奴隷として無理やりアメリカに連れてこられ、強制労働されている頃に故郷を想う気持ちとか、ストレス発散に自分達の音楽を演奏したり歌ってたところ白人が「あれ、いいやないか!」と市場に出したと言われています。
その最大の特徴はブルーノートと言われる白人よりもやや音程の低い音使い(ミやシがややフラットしている)と、シンプルな3コードの進行。さらには非常に洗練されたフレーズ(メロディ)という事です。
今回僕が思う「カッコいい」はこの洗練されたフレーズにあると思うのです。男として生まれた場合、小さい頃から大人には「男は黙って、目を見開け!」などと言われて育ちます。つまり日本では男のおしゃべりはみっともなく、必要な事だけズバっと話すのがカッコいいというイメージがある(僕はおしゃべりですが)
つまりブルースの良さはこの高倉健のような男らしいアプローチにあるんでしょう。
という事で長くなりましたが、近頃ずいぶんといろんな方向に脱線しておしゃべりを続けてきた「一日一言」のブログに変わりまして、この「ギター弾きの故意」があらたな僕のブログとしてスタートしますので、皆様よろしくお願いします。
音楽やギターの話題に絞り、必要な事だけ書いていこうと思ってます。
尚、いままでのブログは移行期間内はリンクに残しておきます。
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/01 むらた]
[03/05 HAT]
[03/02 ソムタム]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
HAT
HP:
性別:
男性
自己紹介:
ロック・パンクに始まり、ロカビリー・ブルース・ファンク・フュージョン等を経て現在はジャズ。中でもソロやデュオなどの小編成においての鍵盤楽器のようなギタースタイルを研究中です。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
HOMEへ戻る
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp