忍者ブログ
京都在住。スイング系バップ的ギター弾きの日々の雑記。
10  9  8  7  6  5  4  3  2  1 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、ソロギターをよく弾いているという事は前々から言ってましたが、ソロギターだけでライブをするという事は結構大変だと考えています。もちろん、全部の曲を練習する事(ソロだと15~20曲いるかも・・)が大変である要因の一つなんですが、そもそも聴きに来てくれる方の立場にたったとしても、延々とソロギターの曲を2時間近く聴くのはきついのではないか?と思うのです。

たとえば、せめてデュオ演奏なら二種類の音色を堪能できますし、それぞれのアドリブなり、絡みなり、キメのフレーズだったりといろいろアレンジも凝って飽 きないようにする事ができるんですが(理想はトリオ以上ですけど)それができずに、しかもソロギターの場合は演奏形式の特徴からあまり速いテンポでは弾け ないという弱点があるため、スローの曲かミディアムくらいまでの曲がほとんどになってしまいます。これはちょっと眠いでしょうね(笑)
ですから、デュオとかトリオとかでない場合、考えられるのは何人かのソロ奏者が交替交替で弾くという事ですが、まーそれもなかなか実現が遠いなと考えているわけで結局、近頃はソロ演奏をせめて形に残そうと時間をみつけてはレコーディング作業を行っております。
といってもソロですから、レコーディングっていうほどおおげさなものではないのですが、ミキサーにマイク一本突っ込んで家で(普通はスタジオで録る)ちょ こちょこ録音しております。どちらかというとレコーディング作業自体はものすごくラクです。過去に何度かバンド形式で録音したり、エレキギターの録音をし たことがありますが、それはもー大掛かりで大変でした。
それに比べればアコギでソロってのはものすごくラクです。そのかわり、ソロで弾くわけですからレコーディング自体よりも、それまでの曲のアレンジを考えた り、アレンジが出来たら出来たで、それをきちんと聴けるレベルまで練習する作業(これが一番大変ですね)に時間を費やすことになります。
でね、ようやくちゃんと弾けるようになってきたな~ってうれしくなって録音を始めてもスタジオではないわけですから、途中で「ピンポ~ン」っていきなりイ ンターホンが鳴って(宅配便でした)録りなおしたり「ポンポンポン」って家の前のマンションの奥様方のふとんを叩く音が入ってしまってたり、しまいには 「こちらは廃品回収事業です。いらなくなったテレビ、ラジカセ、パソコン、ギター、バイク・・・・」など大音量でトラックが目の前を通ったりする訳です (涙)

まーそんなこんなのトラブルにもめげずに、本当に時間が空いた時でかつ、周りの静かな時、限定なので進み具合は悪いのですが、予定では20曲くらいの60 分程は録って一応CD-Rくらいには焼いて周りの人らにばら撒きたいなとか考えているわけです。もちろんはじめにも言いましたようにソロだけは飽きるので デュオ形式(どっちも自分の演奏)とかバンド形式(新たに録るか、以前のものを流用)なども入れる予定です。
これを売ってどうこうするとかいうものではなくて、まー名刺代わりのような音源は一個くらい作っておこうかなと・・(ようは無料になるかな)
例えばレッスンを行ってるカルチャースクールにてBGMにしても良し、だれか知り合いのお店で流してもらうも良し、ともかく何時に完成するか分からないんですけど、地道にレコーディングを続ける予定です。
あ、ちなみにそろそろライブもやりますよ!
早くて春ぐらいですが、とりあえずデュオでやる予定ですので(トリオになるかも)乞うご期待!
PR
HATにコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする →
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/01 むらた]
[03/05 HAT]
[03/02 ソムタム]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
HAT
HP:
性別:
男性
自己紹介:
ロック・パンクに始まり、ロカビリー・ブルース・ファンク・フュージョン等を経て現在はジャズ。中でもソロやデュオなどの小編成においての鍵盤楽器のようなギタースタイルを研究中です。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
HOMEへ戻る
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp