忍者ブログ
京都在住。スイング系バップ的ギター弾きの日々の雑記。
11  10  9  8  7  6  5  4  3  2  1 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はじめに

ギターで伴奏。これはギターにとって一番多く受け持つ役割といえます。ロックバンドを組んでもあまりソロをギュンギュンやり続けるわけにもいきませんし、ソロ回しのイメージが強いジャズでも、あまりギターがソロをとりつづけるということはないのです。

もちろん、ギタリストがリーダーのバンドだとか(ジャズやフュージョン等ではありうる)スパニッシュな曲、クラシックの曲などではギターがメイン(あるい はソロ)という事も多いのですが、やはりギターの総人口という観点から見て大部分は伴奏側に回る楽器であるというのがギターでしょう。

にもかかわらず、日夜メロディやソロ演奏(ソロギターではなく、単音がメイン)の練習に明け暮れてしまうのも、またギタリストの悲しい性・・。
スケール(音階)練習。フレーズ練習。テクニカルトレーニング。さてはタイムの限界に挑戦した速弾きまで、とにかく練習します。

しかし、実際は伴奏などに練習時間を費やした方が利便性も高く、実は応用性も高いのです。これをいろいろと知っていて損はありません。そこで今回から何回かに分けてギターで行う伴奏の概論を書いていきたいと思います。
ただし、あくまで通説的なものではなく、僕の考える概論なので、ご注意ください。
PR
HATにコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする →
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/01 むらた]
[03/05 HAT]
[03/02 ソムタム]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
HAT
HP:
性別:
男性
自己紹介:
ロック・パンクに始まり、ロカビリー・ブルース・ファンク・フュージョン等を経て現在はジャズ。中でもソロやデュオなどの小編成においての鍵盤楽器のようなギタースタイルを研究中です。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
HOMEへ戻る
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp